« 2016年8月 | トップページ

2016年9月

2016年9月20日 (火)

パスポートだけで借りれる消費者金融で融資を受けたい

パスポートで借りれる消費者金融とは?

ちまたではパスポートでも借りれる消費者金融があるとのこと?
これって一体なんでしょうか?

本当にパスポートだけでお金が借りれるのでしょうか?
気になりますよね?(笑)

私も気になります。

そんな訳で・・・・パスポートだけでお金が借りれる消費者金融をレポートしてみました!


パスポートだけでお金が借りれる消費者金融とは?=収入証明不要でお金が借りれる消費者金融の事である


そう認識しておけば良いでしょう。

最近では消費者金融でも銀行カードローンでも収入証明書が不要でお金を借りれる事が多くなりました。

少しでも多くの融資顧客を獲得するためにローン会社がお手軽な手続きで申込できるようにしたからでしょう。

確かに収入証明書を用意するのと、収入証明書を用意しないとでは全然手間が違います。

提出書類がパスポートのコピーだけで済むなら、そちらの方で借りた方が良いと考える人も多いでしょう。



パスポート以外の提出書類でも借りれる~運転免許証、健康保険証など

パスポートだけでお金が借りれるとは、収入証明書不要であり、つまり「身分確認書類」だけでOKなわけですから、何もパスポートでなくても大丈夫です。

お金を借りたい人の中にはパスポートを持っていない人だっていますからね。

パスポートに変わる身分証明書としては「運転免許証」や「健康保険証」などがあります。

パスポートを持っていない人は、これらのコピーを用意して申し込みをすればOKということです。


しかし、全ての人がパスポートだけでOKというわけではない
そう、、全ての人がパスポートだけでお金を借りれるわけではないのです。

パスポートだけでOKの人は「属性の高い人」、「正社員などの安定職業の人」、「収入が多い人」、「勤続年数が長い人」・・・などの人です。

つまり消費者金融会社側から見て『この人ならば信用ありそうなので収入証明書なくてもOK』と判断された人がパスポートだけでお金を借りれます。

だから、例えば週3回のアルバイト勤務のフリーターの人が、「パスポートだけで借りれる消費者金融」に申し込みをしても、「あなたは収入証明書を提出してくださいね!」と言われてしまうこともあります。

一般的にアルバイトやパート、自営業者、派遣社員などの非正規雇用者の人は消費者金融業界では「属性が低い」と判断されますので、融資申し込み時に収入証明書が必要な場合が多いのです。


全ての消費者金融業者がパスポートだけでOKというわけではない

それと、消費者金融会社は大手、中堅、中小、街金などいろいろありますが、全ての業者が「パスポートだけでOK」というわけではありません。

中には頑なに「収入証明書を提出してください!」と言ってくる業者もおります。
だから、パスポートだけでお金を借りたい人は、事前に「パスポートだけでOK」、「収入証明不要」としている業者を選ぶ必要があります。

ちなみに大手の消費者金融会社の場合は大抵は「50万円までは原則収入証明は不要です」・・・・としております。


個人信用情報の履歴次第でパスポートだけではNGの場合もある

それと、消費者金融はどんな人が申し込んでもその人の過去のローンやクレジットの履歴をチェックします。

この履歴は個人信用情報機関で照会して行います。

その時に、その人が過去に長期延滞をしていたり、自己破産をしていたり、債務整理をし
ていたり、またまた現在延滞中だったりする場合は、パスポートだけではダメと言われる場合があります。

まぁ、「パスポート云々」以前に審査に落とされてしまうことが多いですね。

だからパスポートだけでお金が借りれる人は過去に延滞とか事故歴などがないことも大事です。

ブラックリストではなく、ホワイトリストである必要があります。

以上。

|

2016年9月 3日 (土)

消費者金融をマイカーローン代わりに使う

マイカーローンを利用した経験のある方も多いと思います。

日本は車社会ですからね。。
そして一方で消費者金融を利用した経験がある方も多いと思いますし現在も利用している人は多いと思います。
日本人で10人の内、2~3人は消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用しているというデータをどこかで見たことがあります。
両者を利用されている人は・・・・『消費者金融で借りたお金で自家用車を変えないだろうか』と思い付くでしょう。
つまり消費者金融
一見するとバカバカしいと思うこの方法ですが意外にそういう利用をしている人も多いのです。
消費者金融は利用目的は自由のフリーローンです。
従ってマイカーローンとしての利用もOKです。
消費者金融をマイカーローンとして使うのにネックとなるのが「金利の高さ」です。
やはり一般のマイカーローンに比べて消費者金融の金利は高いです。
一般のマイカーローンでは1.9%~2.5%という激安の金利もあります(信金ローンなどで)
一方で消費者金融の場合はどんなに安くても初回の金利は15%~20%位はかかります。
比較するまでも無く、金利の差は歴然です!
これを見ると消費者金融で自家用車を買うのは「バカ」に思えます。
しかし、実際はそんなバカげたことをしている人は意外に多い。
私もやったことがあります。
なぜならマイカーローンの審査が通らない場合があるからです。
マイカーローンの審査が通らない場合はどうしたらいいのか?
身内からお金を借りたり、車の購入を諦めたりしますよね?
しかし、「どうしても車が欲しい」と言う場合もありますし、「仕事でどうしても車が必要」と言う人もいます。
「10万円~30万円程度の安い中古車でもいいからとにかく車が無いと不便だから欲しい!」・・・・そういう人は消費者金融で取りあえず20万~30万円程度借りて車の購入契約を済ませてしまいます。
そして金利負担が軽い内に繰り上げ返済を行って完済します。
次のボーナス日あたりで一括返済してしまうというのが賢いですね。
こういうやり方ならば消費者金融をマイカーローン代わりに使うのもOKだと思います。
消費者金融も使い様だと思います。
賢い使い方をしていきましょう!

|

2016年9月 1日 (木)

街金は闇金ではない(笑)勘違いに気を付けよう!

皆さんは「街金」というのに対してどんなイメージを持ちますか??

街金という言葉を聞くとあまり良いイメージを持たない人も多いでしょう。

例えば・・・「闇金」、「違法金融」、「怖い借金取り」、「ヤクザ金融」など
そんなイメージを抱く人もいるでしょう。

しかし、それは勘違いで昔ながらの怖い金融屋のイメージが先走りしているような気がします。

街金は闇金でも無いですし、違法金融でもありません。
勿論、ヤクザや怖い取り立てをする金融でもありません。

それではここで「街金」の定義をはっきりさせておきましょう!

(街金とは?)
街金とは地域密着で営業している中小かつ小規模の金融会社です。
例をあげると・・・「中小の消費者金融」、「中小の事業者ローン」、「中小の信販会社」などです。
「街の金融屋さん」=「地元の金融屋さん」・・・そんなイメージで間違いないと思います。

街金は全て正規の金融業者であり登録業者です。
逆に闇金は、違法業者であり無登録業者であります。

そもそも街金とは言い難いし、金融業者とも言い難いののが闇金です。

違法業者で国から金融業者とは認められていないので、金融業者ではりません。
「犯罪集団」と言っても良いでしょう。

一方で正規の登録業者である街金は、街で地味に細々かつコツコツと真面目に営業をしております。

お金を借りたい人の多くは大手の消費者金融に流れていきます。
しかし、大手で借りれなかった人が街金で借りれることもあります。

街金は闇金に行かずにお金が借りれる唯一の激甘審査の合法金融業者ともいえます。
ただ、そんな街金でも審査がいくら激甘とはいえ、誰でも借りれるとは限りません。

やはり街金にも審査基準があって、その審査基準に満たない人は残念ながらお金を借りることは出来ません。

大手の消費者金融でも中小の街金でも共通している点は「総量規制」という法律があることです。

その総量規制の法律は「年収の3分の1を超える融資がNG」というものです。

従って、もしあなたが既に消費者金融、キャッシング等で年収の3分の1を超える融資を受けている場合は大手でも街金でも借りることは出来ません。

闇金ならば総量規制とは関係なく借りることは可能ですが・・・・やはり闇金はおススメしません!

|

« 2016年8月 | トップページ